ペイントホームズ
坂東・守谷店

塗り替えの目安は分かりやすい?外壁からのサイン

塗り替えは何年で行えばいいのか?見た目はまだ綺麗だけど塗り替えって必要?と工事のタイミングが分からないということはありませんか?家の状態が分かりにくくても外壁が出す分かりやすい塗り替えサインがあります。今回は劣化症状について今回は解説していきます。

【そろそろ塗装を考えるべき劣化とは?】

①色あせ

塗膜が劣化して色がくすみ変色してしまう症状です。淡い色は色褪せに気づきにくいですが濃い色は鮮やかさが失われ美観が損なわれてしまいます。

②チョーキング

チョーキングは見ただけでは分かりづらいですが外壁の表面に触れると粉が付いてしまいます。塗料に含まれる樹脂(紫外線などから外壁を守る成分)が無くなり、顔料(色の粉)だけが残ってしまった状態です。衣類や肌に付着するのはその顔料になります。

③カビ・コケ

劣化が進み防水効果が失われてくると水分を吸収しやすくなりカビやコケが外壁に繁殖しやすい環境ができてしまいます。外観だけでなく、建物の構造や人体にも悪影響をもたらします。

④ひび割れ

塗膜は自然環境の劣化や経年劣化により柔軟性を失っていきます。塗膜が硬化してしまうと地震が起きた時など耐えれずひび割れを起こしてしまうことがあります。ひび割れに雨水などが入りやすくなるため外壁材の腐食の原因になります。

ここまで解説しましたが、塗膜が剥がれたりひび割れを見つけて長年放置してしまった外壁は補修工事必要になってくるため工事金額が高くなる可能性が大きくなります。そのようなことがないためにも注意が必要になってきます。