ペイントホームズ
坂東・守谷店

人気上昇中 ラジカル塗料

ラジカル塗料は、紫外線が顔料に影響を与えることで発生する、樹脂を傷つける因子である「ラジカル」の生成を防ぎ、これによって塗膜の劣化を抑制します。

今回はラジカル塗料について詳しく解説していきます。

外壁塗装によく選ばれる塗料にシリコン塗料がありますが、最近ではラジカル塗料もシリコン塗料と同じくらい人気のある塗料です。値段はシリコン塗料より少し高いくらいでフッ素塗料並みの耐久性を持っているのが大きな特徴です。

ラジカル塗料をご検討されている方も沢山いらっしゃいますので、検討の材料としてメリットとデメリットを見合わせてみてはいかがでしょうか。

メリット

チョーキングを抑える

塗料の中に劣化の原因を抑える「ラジカル制御型酸化チタン」と「光安定剤」が含まれているためラジカルが発生したときにラジカルを閉じ込める役割を果たします。チョーキングは塗料の劣化現象の一つであり、ラジカル塗料はこれを抑制する効果があります。塗膜が表面に白い粉状のチョーキングを生じにくくなります。

コスパよく耐久性に優れている

フッ素のような耐久性がありシリコンとほぼ同じくらいの金額なのでコストも抑えられて塗膜の持ちも良いです。

汚れにくい

防カビ効果があり汚れに強いです。菌の繁殖もしづらいものとなります。

デメリット

施工数が少ない

ラジカル塗料はまだ新しい塗料で施工数が少ないことから、あまり情報を仕入れにくい欠点があります。

濃い色に出来ない

ラジカル塗料の主原料である酸化チタンが白色なので黒やブラウン系などの濃い色にすることができません。

ラジカル塗料についてお伝えしました。シリコンとフッ素の中間のような塗料は魅力的ですよね。加えて劣化を防いでくれる効果があるのも人気の理由の一つでしょう。