ペイントホームズ
坂東・守谷店

数種類の色見本を使い分けて、満足のいく塗装の色選びをしよう!

外壁塗装を検討している際、理想的な色を見つけるためには色見本の活用が重要です。今回は主に4種類の色見本と試し塗りを活用し、満足のいく色を見つける方法についてご紹介します。

1・カタログの色見本と色見本帳

塗料のカタログや「色見本帳」は、色の種類が豊富で、規格化された番号で色を指定できるメリットがあります。一般社団法人日本塗料工業会が発行する「色見本帳」は特に信頼性が高く、振られている番号を指定することで塗料を確定できます。ただし、注意が必要で、一部の塗料によっては色の再現が難しい場合があるため、選定時に慎重に検討することが重要です。

2・塗り板見本

サイズの大きいA4サイズの塗り板見本は、色の見え方がサイズによって異なるため、最終判断に適しています。特に太陽光の影響を受ける外で確認することで、実際の外壁に近い印象を得ることができます。

3・カラーシミュレーション

デジタル画像で外壁の色をシミュレーションするツールであるカラーシミュレーションは、カラーバリエーションが豊富で便利です。実際にご自宅の画像に使いたい色を変更することができるため、よりイメージし易いのが最大のメリットです。ただし、パソコンによって色の見え方が異なる場合があるため、屋外での印象を考慮する際には注意が必要です。

4・試し塗り

一部の業者では、実際にお住まいの住宅の外壁に試し塗りして色を確認できるサービスを提供しています。この方法を利用すると、選んだ色が実際の建物にどう映えるかを確かめることができ、イメージがより具体的になります。

これらの色見本を組み合わせて利用することで、理想の外壁色を見つける手助けになります。慎重な検討と色の確認を行いながら、満足のいく外壁色を見つけてください。