ペイントホームズ
坂東・守谷店

とても役に立つ塗料選びのコツ

外壁塗装を検討する際、塗料の選択が美観や耐久性に直結します。その中でも、1液型と2液型の違いは重要なポイントで、それに伴う耐久性も注目すべき要素です。

1. 液型の基本

塗料は1液型と2液型に分かれます。1液型は主剤だけで成り立つ塗料液であり、一方の2液型は主剤と硬化剤が混ざった複合塗料です。それに伴い、耐久性や施工特性が異なります。

2. グレードの重要性

1液と2液の塗料にはそれぞれ「ウレタン」「シリコン」「フッ素」「無機」などのグレードが存在します。選択する塗料のグレードは、耐久性や効果の差を生むため、慎重に選ぶ必要があります。

3. 選択の流れ

塗料選びの一般的な流れは、

●塗料のグレードを選んで、水性か油性かを選択します。最後に1液か2液かを決定します。

特に2液型は1液型に比べて耐久性が高いとされています。

4. 価格、手間、範囲の比較

「1液」の塗料は価格が安いが、作業の手間はかからない。

「2液」の塗料は価格がやや高めだが、耐久性が高く広い範囲に使用可能。

5. 金属部への適性

2液型は金属部にも適しており、金属部の塗装に利用できます。

6. 耐久性の考慮

塗料選びにおいて耐久性は不可欠な要素です。2液型は一般的に1液型に比べて耐久性が高いため、塗料の選択において重要な観点となります。

まとめ

外壁塗装において、1液型と2液型の違いやグレード、価格と手間、用途などを検討し、特に耐久性を重視して塗料選びを行うことが、長期的な建物の保護と美化に繋がります。