ペイントホームズ
坂東・守谷店

塗り替えはなぜ10年なの?

外壁の塗り替え年数は10年と聞いたことはありますでしょうか。塗料の種類によっても耐久年数は変わってきますがなぜ10年なのでしょう?今回は外壁の塗り替え年数が10年と言われている理由についてお伝えしていきます。

〇気温の変化

地域により気温は全く違ってきますよね。寒い地域や暖かい地域で劣化症状も様々です。一定の気温であればダメージも少ないですが寒暖差が激しい地域だと塗膜が縮んだり膨れたりしてストレスがかかりひび割れや塗膜の剥がれが生じます。

〇大気汚染や外部からの微生物

空気中の汚れ、外壁に付くカビやコケなどの生物は外壁をより劣化させてしまいます。微生物が外壁に根を張ったり腐食させる原因となります。

〇天候の影響

紫外線や雨などの天候の影響で劣化しますが、雪が多く降る環境など様々あり劣化のスピードが異なります。

このことから10年で塗装工事を行うことにより劣化をより早く予防出来たり、大きなトラブルになりやすい原因を早期発見しやすくなります。予定よりも少し早く工事することでよりコストを抑え充実した環境を作り出すことができます。先々を見て早めの工事をされると家の寿命はだんだん延びていきます。