ペイントホームズ
坂東・守谷店

10年おきの工事で長寿命な外壁に

塗膜の寿命は塗料の耐久年数で異なってきますが10年で塗装工事を行うことで得る効果があります。定期的に工事を行うことで住宅を長寿命にすることが可能です。今回は10年おきの工事についてメリットをご紹介していきます。

〇工事費用を抑えることが出来る

塗装工事は劣化の状況次第で金額に大きな差が出てきます。定期的に塗装工事を行うことで劣化の悪化を防ぎ、補修工事などのコストを削減することが出来ます。

〇初期段階の劣化を見つけることが出来る

劣化の初期段階で工事することで住宅の寿命を延ばすことが出来ます。早めの工事で住宅の美観や健康状態を長く維持することが可能です。

〇防水効果の維持

塗膜には防水効果がありますが経年劣化や外部からのダメージで徐々にその効果は失われていきます。定期的な工事で防水効果を雨水の侵入を防ぎます。

〇カビ・コケの繁殖を防ぐ

塗膜が劣化すると紫外線や雨水からのダメージを防ぐ機能が失われるためカビやコケなどの微生物の侵入が起こりやすくなります。10年おきに新しく塗膜を作ることでカビ・コケの発生を防ぎます。

今回は10年おきに塗装することで得るメリットについてご紹介しました。早めの工事で外壁の劣化を抑え、長寿命化することが出来ます。